私が実家の家計を管理するまで①~10年間の仕送り生活~続きです。

仕送りの総額は約800万~と書きましたが少なく見積もってですから、もっとでしょうね。
その総額すら把握できてない私の昔のお金の管理状態。これも今は考えられません……
同じ人間なのに、自分の事なのに、不思議な感覚です。


私の仕送り生活のはじまりは父親の病気でした。
 15年前、父親は58歳の時に癌になり大きな手術をしました。


検査で見つかり、進行していた癌だったので即入院即手術。
無事退院したものの、父は長い療養期間に入り、働くことができなくなりました


医療保険に入っていたので3か月くらいはなんとかなりました。が、これからどうするか・・・・・・・。


家計管理ができない両親でしたので貯金はありません。
人生なにが起こるか本当にわかりません。
だからやっぱり生活防衛資金くらいのお金は必要だということ。



でもそれがない。まったくない家庭だった。


それがない時必要なものは 度胸。 腹を決める勇気。ですかね。


話し合って決めるというよりも何よりも、よし、稼ごう
すぐに思いました。私が稼ごう‼って。(と、いうのもその頃の私は仕事がノリノリだったのでした。)


家族会議の結果、父が年金受給できる65歳まで私が毎月10万、
姉夫婦が5万を毎月仕送りをすることとなりました。



それからは会社から打診された難しい仕事や人が嫌がるような地方の転勤もほとんど即返事で受け、馬車馬のように働きました。


激務でしたが、毎月の基本給にインセンティブがつく仕事でしたので、10万を稼ぐという明確な目標があった私はホントによく働いたと思います。(唯一自分で自分を褒めたいと思います( ;∀;)涙!)


仕事は本当に精神的に私を成長させてくれました。
(・・・・でも結局体を壊し、退職しました。で、実家に戻ることとなります。)


きっと仕送り生活と激務をこなした生活があるから今の自分があること。
お金との付き合い方を真剣に考えるようになったのもこの時の生活があったからでしょう。


最終的には父は63歳から繰り上げて年金を受給し、58歳から63歳までの5年間の10万の仕送り生活が終わったのです・・・・・。



終わるはずでした。



が、そのあとも仕送り生活は続きます( ̄▽ ̄;)

sozai_image_68379




今日もありがとうございます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村