家計簿が大好きです。
今は二つを管理中

一つは自分自身の個人の収支の家計簿。
二つ目は実家の両親と同居中の家族家計簿です。


しっかり家計簿で管理できるようになったのはここ6年くらい。
30代も半ばになってからでした。


自分自身の収入の家計簿はかれこれ6年にはなります。
きっかけは長年勤めていた仕事を退職し、収入が激減したから。


いままでのように考え無しで使っていたら赤字になることに気付き、自分の収支を把握して今後の対策を練ろうと思って始めました。


こちらの家計簿は私の今までのお金との付き合い方と毎月の収支、これからの私の個人退職金と個人年金づくりについて書いていこうと思っています。


社会にでてお金を稼ぎ、今までいろんな形でお金が入っては流れ入っては流れしていきました。
身になる大金も使ってきたし、意味のない大金も使ってきました。


今冷静に考えると、身になる大金の使い方・意味のない大金の使い方。
どちらの経験もあったからこそ、お金に対する自分の姿勢が変わったのだと感じます。


激務の仕事を退職し収入が減り、ふと、立ち止まって考えた。


あたし、お金の使い方、間違っていた。ということ。


小さな個人の家計簿ですが、家計簿をつけることでじっくりお金と向き合い、
ようやくお金との上手な付き合い方がわかってきたように思うのです。




私の経験から見える、お金とお金に対する考え方、生活の仕方とお金の関係。



もう一度お金の流れを見つめなおして、お金とともにみのりある人生の後半戦を
挑んでいきたいのです。



二つ目は実家の両親と同居中なのでこちらの家計簿です。


母が家計のいわゆる管理人だったのでしょうが、
母はとにかく家庭内のこと、特にお金のやりくりが苦手です



お金がない、お金がないが口癖の母でした。(おそらく家計簿なんてつけてなかった模様。)
貯金なんてまったくない家庭です。


これからどんどん年もとってゆく両親(父も母も73歳です。)ですし、
お金の管理は早めに把握しておいたほうがいいかなと思い私が管理することとなりました。


なにより両親をお金の管理から解放してあげて、自分の年金で
人生をめいっぱい楽しんでほしいという思いがありました。


家族の家計簿の管理をして5か月目です。
こちらの家計簿はプラス家計を目指して少しでも貯金をして家族のために有意義に使っていこうと思っています。(...プラスになればね。)


もう人生半ば、でもまだ半ば。大切に正直に、誠実にお金とお付き合いをしていきたいのです。



そんな二つの家計簿を楽しく管理していきます。


sozai_image_62696





 


   

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
                               
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へみ

今日もご訪問ありがとうございました。皆様のお金がどんどん増えますように