大人になってからの言い争いは長引きますね。



まだ、妹とも、両親ともギクシャクしながら生活してます。


まあ、妹と両親はもはや関係は崩壊寸前なので、それに比べたらまだまだましなほう。



アラフォーにもなって、親と言い争いとか…。
情けないですよね。解ってます。


結局は言わずに我慢してたことがいろいろ溢れてつい、感情的にゆっちゃったんですが、


我慢してた事を言ったところで、スッキリなんてしないもの。



結局妹は先月は家にお金は一円も入れないまま。


妹が、「あたしはアレ食ってない!!」だの、根に持ってるから、食費は別として、光熱費の一人頭分くらいは入れたらどうだ??


と、言っても入れる気配なし。


なんなんだろうか?その神経。


これが毎月続くのかな?
何をそんなにひねくれてるんだろう。


それとも本当に金銭的に余裕が無いのか?


朝はさらっと朝ごはんを食べて、お弁当詰めて、会社に行くが、夜は全然ご飯を食べない。


奮発してお刺身を買ってきて、食べやすいように妹の分を皿に分けてあげたのに、次の日まで冷蔵庫にあった。
(食費も光熱費も入れてないのにさ、気を使ってとりわけといたのに。)


「食べなかったの?」って聞いたら、


「食べたくありません。」と、敬語。


….…….。めんどくさい。


あたしもそんな風にやりたいよ、
面白くないことあったらプイってさ。



……………勝手にどんな態度でもいいんだけど、お金入れてくれないかな?


と、言いたいところだが、グッと我慢。
言ったところで今は伝わらない。


妹は自立できていない。
自立してない人、自分の足で立ってない人は周りのなんか見えてない。


人は自立して初めて親や家族の存在に感謝できるようになるもの。


そんな感じじゃないもの。


妹のそいゆうところが昔気質な父と合わないところ。


どっちもどっちな、小さないざこざばかりを繰り広げる二人。


でも負けてはいられない。
私なりに動いてみよう。


家族の冷えきった関係。真夏でくそ暑いのに家の中シーン………。


誰かが襖をバシって思い切り閉める音に最初はびくびく。


でも最近はイラ~!!!(*`Д´)ノ!!!


物を大事にしてよ‼って、、、言いたい(T_T)



みんな自分の事ばかりだ。
でも変えなきゃ。変わらなきゃ。


それにはもう、動くしかない。←(また?)
あれからもくもくと動いて断捨離。


今、あることに向けてバタバタ断捨離進行中。


今片付けをしている父の部屋と、妹親子に一人ずつのお部屋を作ってあげようと、内装をリフォームすることにしたのです。


父の荷物置場と化した趣味の部屋は、もう何年も壁紙すら張り替えた事がなく、傷みきってる。


妹親子は汚部屋と万年床の部屋の二つの使用。


妹親子は汚部屋の荷物が片付けられなくて、万年床部屋に二人でだらだら生活してる。


この、父の部屋と、妹親子の汚部屋と万年床部屋を一気に断捨離して、壁紙と畳の張り替えをします。


壁は今にも剥がれそうな古いクロスだったり、砂壁だったり。


うち二部屋は畳部屋なんだか、この二部屋は、なんと今まで一度も畳を張り替えたことがない部屋(;o;)


今まではだましだまし、ラグを敷いたり、ゴザを敷いたりしてきたが、もう、思いきってやっちゃう‼


部屋が変わって気分もあがり、仲直り♪めでたしめでたし‼…とはいかないと解っているが、やっぱり綺麗な部屋は心を穏やかにしてくれるはずだから。


まずは、閃いたことを坦々と動いてみようかと。


実に40年ぶりの畳替え、クロス替えです。



本当は、ゆっくり、DIYを楽しみながら、自分で壁紙はったりして、ブログに載せていくつもりだった。


でも、時間をかけてる余裕が無くなってきました。


多分このリフォームは急ピッチで今必要な事。


だから、時間をかけれない分、お金をかけて、リフォームです。


DSC_17231

増え続ける物だらけの妹の汚部屋。


この部屋を片付けるタイムリミットはあと4日。


なんとか妹に片付けるように伝えたが、いまだに全くやってない。


きっと反抗してるんでしょうね。
……めんどくさいよ、本当はそうゆう態度。


でもあと4日でクロス屋と畳屋がくるからね。


やらなかったら、どんどん運ぶのみ。


いつかやる、今度やる、夏前にやる………。
ダメだよ、妹。



もう言い訳ばかり、甘えたことばかりいってないで、やらなきゃ。



しっかり生活して、自立しなきゃ。


自分の人生は一度しかないんだから。




本日もご訪問ありがとうございます♪
 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ