働き方改革に賛成。

IMG_4871
最近よく耳にする働き方改革。
安部政権では国会の最重要法案と位置付けられているんだとか。

法案のとおりに企業内に浸透していくには大分時間がかかると思いますが、労働時間の見直しには基本大賛成です。

勤務時間が長いからって、仕事ばりばりやってっるって、違いますもんね。
個人のライフスタイルに合わせて労働時間が多様化するのは、とってもいいと思います。

みんながん首揃えて同じ時間に出勤して、全員揃うのを待って、全員で同じ時間にランチして、5時になったらみんなで揃って帰る。って、そもそもおかしいですよね。

一人で賄えることは一人で十分だし、やる事やってたら勤務時間は自由でいいと思うのですよ。

時間が決まってるから、2時間で終わる仕事をだらだらだらだら、8時間もかけるわけですよ、退社時間に合わせて。←これ、私ね。

ただ、正直な気持ちは、こんな改革が国政で言われてるって、今の若い人がちょっとうらやましいな・・・・と、思うこともあります。

もう少し早く、日本の長時間労働に改革の目が向けられていたらな・・・。
たられば言ってたってしょうが無いんですけどね・・・・。

今は残業もほとんど無くて、休日出勤も全くない会社に転職したからいいんだけど。
いいんだけどさ・・・・・。

また違った人生を過ごしていたかしら?と、思うこともあるのです。

就職氷河期世代が思うこと。(※完全ひがみ注意)

団塊世代ジュニアの私。

受験戦争を味わい、世に出たころはバブル崩壊で超就職難の氷河期世代。
もちろんバブルの経験もない。・・・よく言われる貧乏くじ世代。

せっかく頑張って就職したから、仕事も頑張った。
成果主義の職場だったから、残業も休日出勤もこなし続けて成果を追い続ける。

受験も、就職も競争。入社したらもっと競争。毎日競争。
そんな競争や社内の成績が自分の評価だった。

そんな毎日過ごしていたら、あっという間にアラフォー。
見渡せば一人孤島・・・(←言い過ぎ)

ふと考えると、今回の働き方改革のような政策で、対象にハマったことってないな・・・と、同世代の方で独身者は思ったことないですか?
子ども手当支給対象家庭とか、うらやましいんですけど・・・(←もうないんですかね?)
みのりはお金に飢えた心狭き時代があった人間ですから、マジうらやましかったのです。
お国のお金で子育てできるなんて。。。とね。
もはや完全に醜いひがみ女(^o^;)

いろいろあって私はキャリアも手放し退職したけど、自分が抜けたってもちろん会社はまわるわけで。ようは、自分の代わりなんていっぱいいるんですよね。

だから、仕事は仕事。いつだってできる。
これからバリバリ働く若い人は、仕事も自分の生活も、同じくらい大事にしてほしいと思うのです。
何事もそればっかりやり過すぎず、自分の幸せのラフスタイル優先で。

だから、上手に手抜きして、そこそこ仕事を終わらせたら十分だから、さっさと帰りましょう。

これからはライフスタイルも働き方も規定概念にこだわらない自分スタイルで。
DSC09757
隣の芝は青く見える・・・。多分私のゆがんだうらやまし根性はこれでしょうね。

わかっているから、ぐちぐち考えず、自分は自分とわきまえて、笑顔で進むのみ。
今だって十分幸せなんだから。

みんな平等という考え方も素敵だけど、器用な人は人の半分の時間で仕事を終わらす事もある。

頭のいい人はもっと効率良く生産性を上げるにはと知恵を出して仕事する。

そんな風に個々の能力で仕事できたら、仕事も家庭も同時進行でこなせる女の人が増えるとおもうのです。

今日働き方改革が法案閣議決定したんだって

今日働き方改革法案が閣議決定したらしいですね。
いよいよちょとづつ進んでるんですかね。

月の残業時間の上限は、45時間らしいです。

45時間かぁ・・・・。

こちとら、その何倍も残業やったわ!!
などと、ゆとり世代に向かってドヤしないように、しとやかに事務員してきました(*´-`)

長い目で世の中の人みんな幸せになる法案になるといいですよね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
                               
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へみ

今日もご訪問ありがとうございました。