おとなの暮らしをたしなみたい♪

美味しい物とお金が大好き アラフォー未婚事務職みのりの家計簿と暮らし向上の記録。

10年の仕送り生活が終了し、激務の仕事も断捨離した。さあ、これからは私の大人の暮らしを満喫する。
時間・体・心・人・物…そしてお金を大切に暮らす、粋な大人になりたいアラフォーみのりの日常とお金の事。時々自分磨き。

☆二つの家計簿管理中☆
①私の家計簿→私のお金にまつわる事とこれからの個人年金&退職金2000万づくり
②5人家族の家計簿→田舎の家庭の赤字脱却目指す、 貯まるやりくり家計簿

家族の家計簿

7月家族家計簿と家族トラブル。あたしは何を間違えたんだろう。

090
8月も後半なのに家族間でいざこざあり、参ってました。
ブログもぷっつり。

ようやく気分も少々上がってきましたので、妹と口論後の行く末をまとめてみました。

妹の考えをざっとまとめると、
● 月に3万も入れているのに自分の食べたいものが食べられない。(家事一切しない妹なのにね。しかも親子で3万はそんなに威張れる金額なんだろうか。)
● 妹と不仲な父がリビングに居過ぎて、自分が好きな時間にご飯が食べられない。(同居なんだからある程度は仕方なくないか?)

●両親の私と妹に対する接し方に差がある。(私からすると内容が細かすぎて被害妄想に近い。)

・・・・・だいたいこんな理由でしたかね。

それでついカッとなって 私が
「じゃぁ、お金は入れなくていいから自分で好きなもの買って食べたりして暮らしな!!」

って、言ってしまった。


それからは 妹は家計にお金を入れることはありませんでした。


自分でお金入れなくていいって言ったんでしょ?(笑)という態度でした。(あり得ませんよね。38歳ですよ?)

それで仕方なく7月の家計のお金の、妹からの3万を貰うのは諦めました。


うちの妹、ホントにめんどくさいところがあって、いろいろ言うと完全に無視されてしまうから。


今月はもういいだろうと、そのことに触れないことにしました。


その後時が経ち、ちょっと妹との関係もギクシャクしながら少しずつ修復に向かいました。


そして私なりに改善策をあれこれ考えて、何とか妹親子の暮らしの改善にならないかと、プチリフォームを決行した。


妹親子の汚部屋の片づけと万年床部屋の改善、父がリビングに居過ぎないように、父の荷物部屋の改善。


それで父と妹親子が衝突しないで、それぞれ自分の居心地のよい部屋で暮らしを充実させて暮らせればいいなと思ったから。


父も居心地のいい自分の部屋があったら、リビングに入り浸ったりしないで、妹と衝突したり、イライラしたりする時間が少なくなるし。


しかも妹と同居してから、妹の汚部屋と万年床部屋はいつか改善しなきゃと思っていたし、両親の荷物部屋も、いつか必ず誰かが片付けなきゃいけない…………と、ひしひしと思っていたから。

妹親子の汚部屋。片付けしてる所見たことない部屋。どんどん物が増える部屋。
DSC_17231
この汚部屋の他に万年床部屋に住んでる妹親子。

父の元趣味部屋で荷物置場と化した部屋。
DSC_1380
もったいないなぁ。って、いつも思ってた。


妹なんかは、プチリフォームが決まってから何日まで片付けようね、って言ってたのに、結局自分の荷物部屋を片づけることなく、私がほぼ、やることになった。


今となって思う。
反抗だったんだろうなって。やるやる言ってたが、最初から片付けるつもりなんてなかったんだ。


だったら、今は嫌だ‼とか、言ってくれたらよかったのに。
いい歳して、面倒臭いです。正直。


なんとかプチリフォームは着々と進み、妹にはお盆が来るまでは何とか片付けをしてほしいと伝えってあったが、片付けをしてる時に些細なことでまた妹がブチ切れ。


だいたい部屋の壁紙と畳のリフォームもお前がいきなり言い出したからこんなに大変な片付けをさせられてる!!って。


だから、そうか。妹にはお盆までとか難しい話だったんだな・・・・。
と反省して、「悪かったね、盆までなんて終わらなくていいよ」と伝えた。


なんとか物をずらしながら業者さんにやってもらって、それからゆっくり片付ければいいし。


すると、またやれって言いったり、もういいってゆったり、なんなんだ!!とキレる。


で、陰で妹は自分の娘に私の悪口を言う。


妹親子二人で 私が「悪かったね」と誤った時の口調を真似て、バカにしたように私の話をしてる。

わざと聞こえるようにね。


もう、苦しいを通り越し、妹のあの顔が般若に見え、プイっとする態度を見るとキツネでも乗り移ったか?とさえ思うほど。



最初は妹親子もプチリフォームにノリノリだったのに、正直何が面白くないのかが全く理解できなかった。


どこで私は妹に対して間違えたのか、未だにまっったく解らないのです。


とりあえず、業者の方に片付けもかなり手伝ってもらい、みのり家のプチリフォームは妹とわだかまりを残したまま無事終了。


その様子はまた次回疲労、・・・・いや、披露させてください。
もう、疲労困憊なお盆休みでしたよ・・・(泣)


取り合えず、もはや8月も後半ですが、7月の家族5人の家計簿を今日は疲労、いや、披露させてください。
(今までの5人家族の家計簿のルールはこちらです。)


7月は妹親子からの家計への入金が無かったので、今まで予算11万に対して8万円でのやりくりとなりました。

一応7月の5人家族の家計簿です。
7月
なんとか、黒字。
でも、これは父がせっせと耕した畑の野菜がたくさん採れて、食費が浮いたり、季節が手伝ってくれて、光熱費も安く済んだから。


こういう月に少しでも貯金して、冬の灯油代にしたり、家の修繕の為に貯めたかったな。


そして、今までの経過です。
7月まで
7月は繰り返しは小銭の675円。
小銭貯金へ入れました。


そして、8月からは今までの5人家計簿のルールは廃止となりました。


もう、それぞれ別家計とする事になりました。


もう、大人なんだから、自分の生活は自分でやる。だと文句も出ませんから。


妹親子は妹親子の家計。
両親は両親の家計。
私は私。

それぞれ自分で食べたいものを買って、作って食べる。


毎月の光熱費を5人で割り、それぞれ払う事に。


……上手くいくのかな………。

とりあえずやっていくしか道がありません。


でも、両親は元々自分達でやってたし、食べるものも結構私達世代の好きなものと違うし。


私も自分の一人の事くらいは一人暮らしで慣れてるし。



妹親子は自分達でやればいいんだよね。


大人になってからの兄弟の同居は難しいですよ、本当に。


今後の為に、妹へノートの家計簿を見せて、食費や光熱費以外にも、田舎ならではの色んなことにお金が掛かってることを伝えました。


通帳も、貯金箱も見せて、ちゃんと見える化して、何にお金かかってるかも解るように。


冬に光熱費がはね上がること。
屋根やサッシが劣化してて、修繕しないといけないこと。

だから、少しでも貯金したかったこと等々。


何日か経って妹から、今まで貯まってたゆうちょの79000円と、小銭貯金の3800円うちの、自分の取り分を返せっていう内容が書いてある手紙をもらいました。


これからも、私とは関わりたくないと。


なんか、不思議と、机に置いてあった手紙を見た時、解りました。

良からぬ手紙であることが。
バリバリ、負のオーラ出てましたから、手紙から。

手紙と、真っ白な封筒が別に置いてあったから、ちらりと私の机を見た母は、妹が詫びて封筒に生活費を入れてよこしたんだなぁと思ったとか。

めでたいな、母よ。
あたしはすぐにわかったよ。嫌な手紙だって。

白い封筒はそれにお金入れて妹の部屋の入口へ置いておけって書いてあった。部屋には入るなと。

………そこ、あたしがプチリフォームした部屋なんだけど……。




…………。


もう、これで逆にスッキリした。


合わないんだ。深いところの考え方や価値観が。

家族だし、妹だけど、振り返ると妹とは考えが合わないことが多かった。
色んなとこで無理して折れてきてたんだ。あたしがね。


家計を一緒にして、協力して暮らすなんて無理なんだろう。お互い。
そんな思いして同居する意味、あるかな?


どこの家も兄弟それぞれ家庭を持ち、そこそこの距離感保ってるから上手くいってるんだよね。

うちは合わない同士が同居してるんだから、上手く行くわけない。
別家計が一番。


悩んで悩んで姉に久しぶりに電話。姉は電話に出ませんでした。折り返しの電話もなし。
久しぶりの電話だから、どうかしたか?と思ってもらいたかった自分が惨めになった。


そして、決めました。これからなにがあっても兄弟をあてにするのは辞めようと。


姉だって、お嫁に行ってこの家の人間じゃない。妹の価値観は理解できない。


両親はどんどん老いていく。これからが大変なんだよ。



でも、誰かをあてにしたり、こうあって欲しいとか、協力しあおう‼なんて、思ってるから、こうなる。


これからは兄弟はあてにしないんだ。


私は私なりに、自分のささやかな暮らしと、両親との時間を楽しめばいいんだ。


兄弟とはそこそこの距離感を持って、イガミあったり、言い争いしたりしないで、程よく接していけばいいよね。


私はそうゆうのができる人間だから。
人の嫌な面だけをクローズアップして嫌ったり、根に持ったりしない。


自分の人生の時間をそんな事に使っちゃ勿体ない。自分の暮らしを楽しむんだ。


そのうち雪が溶けるかもしれないしね。
そうゆう修行なんだよ、今は。


妹には、今までの家計のやりくりで貯めた合計の、きっちり半分の41500円程を母から渡してもらいました。


残りの半分は両親へ。
両親はそのまま貯めといてくれというから、ゆうちょに入れたまま。


この少しばかりの8万ちょっとの貯金は、これからの家の未来の為のお金と思い、工夫して貯めたものだから、自分に戻して何かに使いたいなんて、私はさらさら思えないから、自分の取り分は、辞退。


そしてこれからみのり家は新しいルールで暮らしていきます。
以外と上手くいくかもしれないし。


私は私で両親を看ていく覚悟もできたし。
まだ、全然元気な両親なんだけどね(笑)



ちょっとくすぶってたけど、やっと元気です。



妹は家族だから、半端なく凹んだけど、そんなこともあるよね。
若乃花と貴乃花とかさ~、もっと酷いもんね~。(ごめんなさい)



改めて新たな覚悟と新たなルールで暮らしていきますね。





……しかし、何を間違ったんだろうね(*´-`)あたしは。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へみ
今日もご訪問ありがとうございました。皆様のお金がどんどん増えますように
  
スポンサーリンク

妹と口論後、無視され、お金も入れてもらえなくなる。

妹親子と両親の間に入り、家計簿も預り、頑張ってきたけど、それは私の思い上がりの様です。


父親がガンになり、がむしゃらに働き仕送りをし、やがてキャリアを手放し実家にもどり、自分のできる事を頑張ってきました。


全然嫌じゃなかった。


激務だった仕事のお陰で仕送りも滞ることなくできた。

キャリアを捨てて辞めたけど、実家に戻ってからの私は、生きてる‼って感じだった。


実家に戻って実際住んでみると、帰省してちょっと帰って来た時とは違って、住んで初めてわかる築40年の家の痛みを見ては胸が痛み、今度は出来る限りの修繕をした。


古くて衛生面も不安な物で溢れたキッチンのリフォーム。


歩く度に床が抜けるんじゃないかとびくびくして歩いてた廊下の張り替え。


一度も張り替えたことの無い和室と茶の間の畳の張り替え。6畳間2つと、茶の間。あとはキッチンのリビングに両親に敷き畳も新調した。


剥がれてベニアみたいなのが丸見えの壁の修復。


小屋に押し込まれていた数台の壊れたテレビに洗濯機の捨て作業。


庭に山積みされた古タイヤの捨て作業。


外丸見えの窓にカーテンの取り付け。


最近なら古い冷蔵庫と冷凍庫の処分に冷蔵庫の買い換え。

30年ぶりのベランダの囲い外しに大掃除。


全部自分でやってきた。
全然嫌じゃ無かった。

むしろ、もっとやりたいところがまだまだあって、家族の家計簿から貯金して、自分も貯金して、勉強して投資してお金稼いで、古くても、もっと居心地のいい家にしていこう。って。


自分の住んでる家だし、東京から仕送りしてるだけじゃ気付けなかったところを自分なりに家族孝行のつもりでやってきた。


妹親子と両親のお金のトラブルからくるケンカも、ぶつからないように上手く間に入って、家計簿預って赤字にしないで工夫してきた。


でも、些細な事で双方のわがままに気付き、怒りが爆発してしまい、言い合いした。


妹の言い分が理解できなかった。


3万も払って酷い扱いを受けてるというような内容。


毎回お金出して勝手にアレコレやって、こっちはたまったもんじゃないって。

ついでにリフォームしたからって、親をリビングにいつまでもいさせるなと。

親と仲が悪い妹は、両親がリビングにいるだけで食事もままならない。
なのに3万も出させてと。


妹親子二人で月3万だよ?
多いか?


お金出してるんだから、あれ買ってこい、これ買ってこい、豆腐は切らすな、弁当に緑が無い、昨日のアサリの料理あたし食ってない………。
あたしは(妹)バイトあるし忙しいから買い物は無理。




妹の細かい文句に、だったら、お金要らないから自分で好きなものを買って食べろ‼って、


わがままが過ぎるって、
ラインした。


そしたら毎月25日が妹の給料日でお金を入れてくれる日だけど、入れない。

お金どころか、無視され、バチん!!と襖閉められ、にらまれ、口を聞いて貰えない。


言い過ぎたって謝った。思ってないけど、私から歩みよろうって。せっかく家族の家計簿も上手くいってるんだから。謝っておこうって思って、ラインでね。


ずっと既読スルー。


家族の家計簿ルールは平等に、生活費のみを支払って、11万でやりくりする予定だった。


今月の妹親子からの3万は今日もなかった。


言い合いした時に復讐してやるって言われた。


本気じゃないって、あっそ!!って思ってたが、わからないけど本気かもしれないって今日思った。


リビングに両親が居すぎないように、両親と不仲な妹がキッチンで好きな時にご飯が食べれるように、両親の物で溢れた趣味の部屋を片付け始めた。


DSC_1712

DSC_1714

DSC_1747


まだまだだけど、少しずつ綺麗になってきた。


両親には趣味の部屋があるんだから、片付けて両親にそこに居させろ、リビングにだらだらいさせるな!!と言った妹。

両親の物置部屋からたくさんの物を別室にだした。



…………妹の物がたくさんあるんだけど。自分の物もしれっと置いてたんじゃないか。自分の汚部屋も、万年床部屋もあるのに!!。

一反別の部屋に出した物を見て途方に暮れていたら、

妹「あたしの物は勝手に捨てんなよ」という。

だから全部妹の汚部屋に入れた。
ゴミのような紙くずさえも、丁寧に伸ばして。


それが先週土曜日の話。
言い合いしたのは、先週の木曜日だったかな。


その日からずっと無視されてる。


眠れない日が続いた。


仕送り生活から今日まで15年。
もう、限界。


きっと私がしてきたことはただの自己満だったんだ。


母だってそうだ。薄々母の気持ちに気づいてた。


家計の管理ができなくて、代わりに私が管理して8か月、今は8万くらい貯金できてるって、嬉しくて伝えた日から、なんとなく冷たい。


まさかと思うけど、おもしろくないのかも……。
って、勘繰る私。


母は物を捨てられないたちだから、断捨離やキッチンの片付けではよく衝突した。
だって、汚いんだもの。


本当はおもしろくないのかもね。


なんか、疲れた。


結局、お金の愚痴がなくなっても、やっかみや、わがままは収まらない。


でも冷静に考える。


もう、大人だから仕方ないのかも。

みんな自分の好きに暮らしたいもの。

集まって共同で暮らしてるからこうなるんだ。


妹に冷たくあしらわれるのが辛くて朝はこっぱやく家を出る。避けてるように見られてるだろう。


でも、無視されたり、バチん!!ってされる度に、ガラスのハート&チキンハートな私の心は締め付けられる。



だったら家を出よう。


あれ?朝だけじゃなくて、毎日いなくてもいいんじゃないかな。


そんなことがふんわり頭に浮かんだ。


用事を思いだし、玄関で自分の靴を履こうとした時、ちゃんと揃えて置いたはずの私の靴だけ、無造作にあちこちにばら蒔かれてた。



ふと、思った。


家を出るんだ。こんな家。


自分の家じゃないんだからって、開き直ったら、ちょっと心が軽くなった。


捨てたくないし、片付けたくない母もそのほうがほっとするかも。

あたしの押し付け断捨離大作戦に過ぎなかったんだから。


15年がむしゃらに、家族の為にやってきたけど、


ちょっと自分の為に生きてみてもいいよね??


両親はまだ老後を楽しめる年齢。
両親の事は何かあったらちゃんとやるから、
その時が来たらちゃんと戻るから………
誰にも気を使わず、のんびり、心地よく、自由になりたいな。


そうだ。家を出よう。そう思った。




本日もご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


  
スポンサーリンク
ブログ管理人
広告
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
ブログ村
Rakuten
Amazon
おすすめ買取屋さんです♪