おとなの暮らしをたしなみたい♪

美味しい物とお金が大好き アラフォー未婚事務職みのりの家計簿と暮らし向上の記録。

10年の仕送り生活が終了し、激務の仕事も断捨離した。さあ、これからは私の大人の暮らしを満喫する。
時間・体・心・人・物…そしてお金を大切に暮らす、粋な大人になりたいアラフォーみのりの日常とお金の事。時々自分磨き。

☆二つの家計簿管理中☆
①私の家計簿→私のお金にまつわる事とこれからの個人年金&退職金2000万づくり
②5人家族の家計簿→田舎の家庭の赤字脱却目指す、 貯まるやりくり家計簿

暮らしのたしなみ

沈んだ心を癒してくれたのは、『暮らし』です。

実家の家計簿を預かり、赤字だった家計を黒字化して9か月。


やりくりもなんとなく軌道に乗り、その流れに乗っかって、物で溢れる実家のお片付けと、死んでるお部屋をプチリフォームをして、家族5人で心地良く、楽しく暮らしていく予定でした。



でも5人だった家族は3人へ。


今になって思うのは、もともと父と妹の関係は悪かった。
それはいくら家族とはいえ、もう大人同士の家族。当人同士の問題だったんですよね。


それに首を突っ込んだ訳ではないが、巻き込まれて、すっかり大事故の当事者になってしまった私。


そしてここ1か月間私は、妹とはなるべく朝も夜も家で顔を合わせる事のないように過ごしておりました。


朝は早く起きてサッサと仕事に行く。
夜もサッサと夕飯を済ませて部屋にこもる。
休日は出かける。


妹からは私が妹を避けてると思われていたでしょう。


・・・そうだ。私が避けてたんだ。


でも足音が気になる。同じ家にいればそうですよね。


だから家を出ようと思っていたし、そう妹には伝えていたのだけれど、なんだか妹が先に出て行ってしまいました。


金銭面が心配ですが、もう、大人。
もともと別世帯だったんですから、これがベストと思うことにしてます。


でも頭から離れない、このモヤモヤ・・・・。


そんな時、若いころは 飲みに出かけて友人に相談したり、ショッピングしたり。


特にショッピングが多かったかな。
服、靴、化粧品、アクセサリー・・・・目に飛び込んできたものを手に取る。
物に心を奪われていると、お店の方がいらして、


『お似合いですよ♪』
等と言われてにっこり微笑まれると、なんだかスーッと、さらに心が物に奪われるような、どん底の自分を誰かが認めてくれたような、軽くなるような。

あれ?私、これを持つに、誰よりも相応しいんじゃね?
って、お店の人も思ってるよね、今?

なんて、思ってしまって、購入するという流れ。(←完全に病気)

物を持つことでステージがいい女に上がったような、妙な癒しを得てしまって、購入してしまうんですよ。


うまく言えないけど、何か購入するイコール、ステップアップと区切りかな?
明日からは違う自分みたいな。


決して違う自分はいなく、心が晴れない自分がいるだけなんだけど。


でも、もうそんな方法から足を洗って早7年ほど。
無駄ショッピングはいかなる理由があろうが、一切しなくなった私。
たとえお金をたくさん貰える事があっても、もうしない。


そんな今のモヤモヤした私を癒してくれたのは・・・・・お料理と掃除。


ただ、気が向いたように、好きなようにやるだけ。




理由はなんにせよ、朝せっかく早起きしているのだから、いつもより手をかけた朝ごはんを作ってみる。



今はだし巻き卵と、お味噌汁づくりにどっぷりはまってます。

今までは適当配分だった味付けやだしも、ちょっと見直して。
最近やっと自分好みの黄金配分を発見した、だし巻き卵。
DSC_2123

いろんな調味料の配合で、毎朝いろいろ模索しながら作ってみる。

これはいまいちだな~とか、
これは冷めたら味が薄いから、お弁当の時はもうちょい濃いめの味付けしよう、
などなど、、、

あんなにモヤモヤ頭から離れなかったのに、卵の時間はすっかり卵に夢中(笑)


しかも卵をフライパンに流し入れた時の、じゅーっていう音や、焼きたての匂い、出来上がった時の卵の色、そして食べた時のホカホカな暖かさとほんのりした味。


いつの間にか無心になる。そんな些細な事が本当の癒しになる。


だから、せっせとお料理。


今年初めて自分で育てたバジルでバジルソースから作ったジェノベーゼパスタ。
DSC_1792

ちょっと、なんだかお抹茶の様なミルキーな色が不気味で、しかも具は、コレ、なんでしょうね?忘れてしまいました。なんだか笑ってしまうジェノベーゼ。
じぇじぇじぇ~。(恐らくじぇじぇじぇの使い方が違います。)


でも、初めて新鮮なバジルで自己流でつくったソースはとっても美味しかったですよ。

ニンニクの香りやバジルの香りもこれまた癒しですね。
ニンニクは食べ過ぎると翌日テロリストになりますがね・・・・。



グリーンカーテンから採れたゴーヤでチャンプル。
DSC_1920
ゴーヤの苦味が、なんだか人生にもこんな苦味が必要なんだよ・・・と、教えてくれているくらい、にがうまな一品。


そう、チャンプルはこの苦味がないとダメなんだ。人生もそうよね。などど自分に置き換えながら食す。そんな事考えてゴーヤ食べてる人、いるんだろうか?(・・・いないね。)



またあくる日は、大きく育ち過ぎて、誰も見向きもしなくなったきゅうりや皮が固いトマトを、なんとか救ってみようかな~と。


夏野菜も採れ始めの頃は、みんなあんなに美味しそうに食べるのに、飽きてくると邪魔者扱いだもんね。はー、贅沢か。


そんな夏野菜は夏おでんへ。
DSC_1918
和だしにちょっと中華だしで味付けすると、俄然夏おでん風になり、美味しいですよ。


キュウリなんて、おでんの大根よりうまいかも!!ってなります。


新たな食し方を考え、美味しくできあがると、もう、気分は有頂天。


この時、カッコつけて土鍋の蓋を重ねて、あーでもないこーでもないと写真を撮ってたら、この後蓋がすべって落ちてしまい、蓋が綺麗に真っ二つに割れました。。。



食器が割れたりすると、妙に不吉な気分になる今の私だが、それは身代わりになってくれたんだ、だから大丈夫。と、優しく言ってくれた祖母の言葉をふと、思い出す。
ちょうどお盆ころだったからね。


そうだね。蓋よ、ありがとう。
お陰で私の心が割れずに済んだんだよね。


今年は本当に夏野菜がたくさん採れて、いろいろお料理したい願望が湧き出てくる。
DSC_2116
フライパンでグツグツ・・・・。



パカ!!
DSC_2115
夏野菜とイカとエビのパエリアもどき。
サフランが無かったから、コンソメとカレー粉で、もどき。


夏野菜は色が本当に元気をくれる。
あんなにグツグツ煮ても焼いても、野菜そのままの色が残っていることに軽く尊敬。


蓋を開けてパプリカに、そんな風にどんなことがあっても変わらない事も大切だよね。
なんて、話しかける。


グツグツしてる時の香り、パカ!!っとした時のチーズの広がる香りがまた幸せ。

夏野菜とチーズは相性抜群。


また明くる日は、
_20170920_105621
ただの大根の煮物。

下ゆでした大根を串で刺したときに、スーッと刺さるあの感じ。なんか、頑固な固さから、ほろっと柔らかくなり、めっちゃいいお出汁を目一杯吸収してる事にも感動。


固く見えるけど、本当は柔軟性があるんだね、
いいとこ、全部吸収するんだね、すごいや。
なんて、話しかける。


・・・・・野菜と会話する私。あれ?・・・・・変態?


でもそんな考えが頭の中からモヤモヤを追い出してくれる。

 
そして食べた時の、だしのしみ込んだ柔らかな大根の味。幸せだよ。


そう、やっぱり私は幸せだ。


一人暮らしだと気分が乗らない時や忙しい時は、あっさりコンビニ食になってたけど、お料理の力は偉大ですね。


女たるもの、気分が乗らないときこそ、なんか作ろう。なんだっていいさ。


・・・だからお母さんになった女の人は強くて優しいのかな。必ずごはん、作らなきゃいけないもんね。


美味しいものは癒しであり、活力でもありますね。
そんな簡単なことに今更深く気づいた夏。


こんな風に誰かを意識しないで癒せる存在になりたいな・・・


妹と喧嘩こじらせた大馬鹿ものだけど、食べ物のように?無条件で癒せる人。



・・・・無理無理(笑)。 今の私にはまだまだ恐れ多いことです。


でもそんな人を目指して、暮らしを大切にしていこう。


皆様も暮らしに癒されて、お過ごしくださいね。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

                               
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へみ

ご訪問ありがとうございました。気にかけてくださって、本当にありがとうございます。

 
  
スポンサーリンク

白い壁の真ん中を縦断する電話線を見るたび震える件

白壁っていいですよね。


なんとなく、広く見えるような気がするのは私だけ(*´-`)?


どんな雰囲気のインテリアにも合わせ安いし、清潔感もあっていいですよね。


うちの玄関から入ってすぐ広がる廊下の壁も、大好きな白いクロス。


実家に戻り、キッチンリフォームをした時に一緒に一階の廊下の壁紙も貼り替えました。



その廊下がこちらです。
_20170628_094654


…………なんか、気になりませんか?


そう、真ん中を堂々と縦断する、これは固定電話の電話線です。


昔って、固定電話って廊下にありませんでしたか?
サザエさんちみたいに.……。


うちもそのパターンで、子供の頃はここの廊下に黒電話がありました。懐かし~。


でも時はながれ、茶の間に移動されたり、キッチンに移動されたりして、固定電話はこのもとの場所に戻ってくることはありませんでした。


で、移動する度電話線は伸ばされ、こんな風に白い壁を縦断の旅です。


これが、私はとてつもなく気になるのです。。


本当に見る度に目を背けたくなり、震えるほど・・。


何故か?



それは、私の下腹と似てるからです(T-T)


は??     ですよね。



何が似てるかかと言うと、去年大きな子宮筋腫が原因で、開腹手術をしたのですが、その時の手術跡が、こんな風に下腹を縦断して、真っ直ぐくっきり残っていて。


年齢的なこともあり、悩んで悩んで子宮の開腹手術をした事や、想像の倍以上の手術跡に、凹みまくったことを、、、


この壁の電話線を見る度思い出してしまうのです(T-T)


いまだに下腹の手術跡は直視できません(T_T)


幸いド近眼なので、お風呂にはコンタクトを外して入るので、見なくてすんでますが。


なので、ちょっと小細工。



フェイクのグリーンで電話線を隠してみました(^-^)/
_20170707_212930

どうかな?


私の中では、震えは止まりました。
ちゃんと壁を直視してこの廊下を歩けそうです(笑)


やっと震えることなく廊下を歩けているのですが、


あれ?ちょっと待って。


震えながら歩いてて、グリーンでカモフラージュ作戦してみたけど……。


そもそも、固定電話って、今はそんなに使わないし、子機もキッチンに付いてるし、もしかしたら、この位置に戻ってきたらいんじゃないかしら?


そしたら、震える必要も、グリーンカモフラージュ作戦も要らなかったね~


と、最近気付きました(笑)


どうしようかな。
でもせっかくフェイクグリーンもかわいいし、少しこのまま、継続中です。


………やっぱり固定電話を戻そうかな(*´-`)



悩みどころですね。


どちらにせよ、震えることは無くなったから良かったけど。


少し考えて、また快適に電話を使える位置を決めたいと思います(^-^)/




本日もご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


  
スポンサーリンク
ブログ管理人
広告
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
ブログ村
Rakuten
Amazon
おすすめ買取屋さんです♪