おとなの暮らしをたしなみたい♪

美味しい物とお金が大好き アラフォー未婚事務職みのりの家計簿と暮らし向上の記録。

10年の仕送り生活が終了し、激務の仕事も断捨離した。さあ、これからは私の大人の暮らしを満喫する。
時間・体・心・人・物…そしてお金を大切に暮らす、粋な大人になりたいアラフォーみのりの日常とお金の事。時々自分磨き。

☆二つの家計簿管理中☆
①私の家計簿→私のお金にまつわる事とこれからの個人年金&退職金2000万づくり
②5人家族の家計簿→田舎の家庭の赤字脱却目指す、 貯まるやりくり家計簿

仕送り生活の理由

私が実家の家計を管理するまで④~退職して実家に戻る~


私が実家の家計を管理するまで③~汚部屋住民が実家に帰ってきた~

続きです。



父も大部体調が戻ってきたなぁ・・・と安心していたころ、妹が娘をつれて離婚して実家へ出戻りしてきました。


人生いろいろですから離婚&実家に出戻りなんて全然いいんだけど、(人様に迷惑かけなければ)
妹には先立つお金が全く無く、お金を入れることなく実家住まいするようになりました・・・。


時々月1~2万円いれるくらいだったかな?


二人分生活費が増えるのですから、両親の年金ではやっていけなくなり、また両親の愚痴は増え始めました。


その矛先はもちろん私に。


まあ、私も稼ぎがあったのでまた仕送りしようということになり、毎月6万円を援助することに。


でもやっぱりこの時に妹にも、両親にもしっかりお金の収支ちゃんとを聞くべきだったんですよね。
仕送りしなくてもちゃんとやれたんだと思います。今となってよくよく考えると。


私は病気になって自由がなくなったように見えた父と、父の療養生活を支えている母にストレートに言うと甘かったんだと思います。


だって、両親は実際仕送り生活中に新車2台購入してますから。仕送りで


それも今となってはちゃんちゃらおかしいんだけど、私も稼ぎがあるという傲りと父さん母さんかわいそう精神で、車いるんだし、仕方ないって思ってましたから。←バカ


私は激務だったから、仕事仕事で、頭がいっぱい。実家の問題を解決するより明日の仕事の段取りが優先。
だって、そこからお金が出るんだから。って、ずっと思っていました。


だから自分が出せるお金をだして解決するなら出す!という考えでしたから。


でも間違っていた。お金入れれば解決!!ではなかったんですよね。今はよくわかります。



妹も何とか暮らしを立て直し生活費が入れれるようになったころ、程よく私は職場で倒れました。


激務続きでストレスがピーク、過労がたたってしまいました。

病院のベットで目を覚まし、担当医に最近の生活を聞かれ、叱られたのを覚えてます。
「あなた、倒れておかしくない生活しかしてませんよ。」と。


1ヵ月ほど休んで現場復帰しましたが、体調のすぐれない日が続きました。


その後、いろんなことも相重なって16年お世話になった前職を退職し、実家にもどることになります。



そして実家の両親と妹親子の家計を見直すべく、私が家計の管理をすることになったのです。




7f10f_314_b9b6b0f1607c458a8ff8ba4b849e948esozai_image_26084
仕事は激務だったけど、楽しかった!
燃え尽きた!!の一言に尽きる。(もっと自分の体に優しくしてあげるべきだったけど。)



今日もありがとうございます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
  
スポンサーリンク

私が実家の家計を管理するまで③~汚部屋住民が実家に戻ってきた~~


前回の続きです
仕送り生活の始まりはこちらです↓↓↓

私が実家の家計を管理するまで②~仕送りの理由と激務の10年間~

私の仕送り生活は父が年金を繰り上げ受給するまでの期間のはずでした。


でも年金の繰り上げ受給って何割か受給金額が減るんですよね
本当は60歳から繰り上げたかったのですが、60歳からだと3割減るんだとか。

時が来たら自分も何歳から受給すべきか、熟考すべき事かも。


両親の考えでは父が63歳からの受給金額ならばなんとかやっていけるかもしれない。。。
その計画のはずでした。


でもその計画はお金のやりくり上手が見積もったものなら打倒だったのでしょうが、
なんせ、収支の把握すらしてない両親の年金の皮算用です。


毎月毎月足りません(TДT)


結局は毎月足りない分(大体3万くらい)を仕送りする生活がつづきました。


仕事を頑張ったおかげで報酬が増えた私にとって3万くらいは余裕でした。
だから足りないと言われればその都度、そのまま仕送りする生活。


両親が毎月いくら年金をもらっていて、何にいくら足りなかったのかなんて、興味なかったんですよね。


それよりも仕事が忙しすぎて確認する余裕がなかった。


でも正直仕送り生活のときにもっとしっかり収支を聞いておけばよかった。
まだまだ改善の余地がある家計だったからだ。


聞いておけばよかった
、聞いておけばよかった、、、聞いておけばよかった。
(...そして仕送りが3万に減った私はこのあと散財をすることになります。バカだった。本当に)



そんな生活が3年くらい続きました。父も少しずつ回復してきていたし、私も仕事が順調。
だから3万くらいの仕送り生活を苦痛に思うこともなく、逆に真剣に考えることもなく過ごしていたと思います。


でもまた6万円仕送り生活が始まります。


それはお金のかかる人が、実家に帰ってきてしまったから。


汚部屋住民が、汚部屋を引き連れて・・・・・・・・・





その汚部屋住民とは私の妹です。
妹が離婚をして実家に戻ってきたのです。一人娘とともに・・・・・。


続きます。
 


通帳
 いくらあっても足りないよね( ;∀;)



今日もありがとうございます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
  
スポンサーリンク
ブログ管理人
広告
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
ブログ村
Rakuten
Amazon
おすすめ買取屋さんです♪